東京大学文学部印度哲学講座 101周年記念シンポジウム

今年で東大印度哲学科は本校の創立者である村上専精先生が初代主任教授として開講してから101年目になります。そこで、東大では101周年記念シンポジウムを東大校内にて10月6日に開催することになりました。
 
本校から専精先生の写真など資料を提示させていただいたこともあり、先日主催者を代表して印度哲学科の蓑輪顕量教授、青野道彦助教授が本校に来校されました。当時の専精先生の偉業や逸話などで、話は百年前にタイムスリップして大いに盛り上がりました。
 
そのシンポジウムのテーマの一つが、専精先生が著した「仏教統一論」から提起された「大乗非仏説」論争です。当時、仏教界に一大論争を巻き起こしましたが、異端とされた「大乗非仏説」は現在では定説とされており、改めて専精先生の慧眼に対して尊敬の念を抱きました。
 
東京大学101周年記念シンポジウム
 

ページトップ

〒112-0011 東京都文京区千石 3-29-8 Tel.03-3941-2680

Copyright(c) Toyojoshi Senior High School 2015 All Rights Reserved.