教育特色

教科ガイド

Subject Guide

英語

自分の考えを英語で“伝える”ことを中心に
世界で通用する「使える英語」を身につける

「読む、聞く、話す、書く」の4技能を鍛えるには、日々の積み重ねが重要になります。
とは言え、すぐにオールイングリッシュの授業が展開されると、生徒が苦手意識を持ちかねません。まずは耳が英語に早く馴染むよう、簡単な指示を英語で伝えたり、授業の冒頭10分間をリスニングトレーニングとしてネイティブ教員がテーマトークをするなど、徐々に英語を用いた授業へと膨らませていきます。授業のポイントは、なるべく対話をすること。教員が発音した英文を聞いて生徒がそれを繰り返すのではなく、ジェスチャーやボディランゲージを交えながら“英語で伝える・理解してもらう”ことに重点を置いています。さまざまな学習の中で、自分の言葉で話す機会を多く設けて、グローバル社会に通用する「使える英語」の習得を目指します。

コース紹介

学習意欲を高めるタブレット学習

単語学習の一つとしてタブレットでの学びを推奨しており、アプリを用いたクイズやゲーム形式で、英単語の定着を図っています。タブレット学習のメリットは、目で視て、手を動かし、耳で聞き、声に出すことができること、4つの感覚を使った学びが、より深い理解を促します。またすぐにレスポンスが返ってくることも効果的です。問題の答えや分からない単語の意味、活用法などもすぐに分かるので、効率的に学習を進めることができます。手軽に、そして楽しみながらの学習スタイルが、生徒の英語学習意欲を高めています。

万全のフォローアップ体制

放課後には英文法などの基礎学習を中心とした補習(P,28参照)を行っています。希望者制ですが、多くの生徒が参加しています。本校の教員が担当しているので、日々の授業内容とリンクさせることができ、生徒の理解度が不足している点をピックアップして強化を図ります。補習での指導内容を授業にも還元していくことで、より密度の高い授業展開が可能となっています。受験に対応した応用・発展レベルは外部講師が担当し、生徒の学習目標に合わせたきめ細やかなフォロー体制が用意されています。

数学

数学の面白さは
身近なところで発見できること

数学が苦手な理由は、数学が身近な学問であると感じられなかっただけかもしれません。
そこで1年次では、タブレットに入っているアプリを使って、数学を学んでいく上で必要な基本的な計算について練習し、確かな計算力を身につけます。また、研修合宿で見る富士山をテーマに「富士山の高さはどうやって測ったか?」などという身近な疑問を、数学の力で解決できることを学びます。基礎を固めた2年次では、数学的なものの見方を学び、論理的に問題を解決する方法を習得します。仕上げの3年次では、大学受験のための演習問題も取り組みながら、問題読解力や記述力も養います。

コース紹介

学び合い、教え合いが明確な理解を促す

数学はさまざまな情報を集めて分析し、ひとつの結論を導き出す学問です。題材によっては、チームで問題解決を行いながらグループワークをすることもあります、一人で考えていも解けない問題でも、グループ内で別な見方をした方がいいのではないか、などと意見を交わす内にするすると解けていくこともあります。解答用紙を比べてみたら、問題点も見えてくるはず。仲間の考え方を理解し合い、教え合うことも学びに大きな役割を果たします。

論理的思考力を育て正確に伝える力を磨く

高校数学では、いくつもの組み合わせで与えられた条件から解答までの過程をきちんと記述することが必要となります。論理的な「記述」は、数学の試験にとどまらず、自分の意見を人に納得してもらうためにも有効な手段です。そのための試行錯誤も学問の醍醐味。答えを発見したときには感動があります。授業では、単純に数式を覚えるのではなく、問題意識を持ち、論理的に解決する数学的な物の考え方を養います。